朝までFreeciv!

【スポンサー広告】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日記】 教材としてのFreeciv

ワシントン大学のコンピューターサイエンス&エンジニアリング科の応用AI学のコースで、1999年にFreecivのAIを授業で取り扱ったことがあったようです。(講師はTessa Lauさん?)

CSE 590AG Applications of Artificial Intelligence


クラスの目標はより強いAIを作ろうというもののようです。ベースとなったものはfreeciv-1.8.0みたい。
クラスの基本的な流れとしては、FreecivとAPIや戦争戦略ゲームの基本的なAIテクニックについて学び(プレゼンテーションして)、自分達のアイデアを出してAIを組み、最終日にAIトーナメントを開催するようです。

Tournament rules を読むと、なかなか本格的なもののようです。作ったAI同士を戦わせて敵都市をすべて壊したエージェントが勝者。サードパーティのAIライブラリを使ってもよい、というのがちょっとズルい気がします。全部自作でやって欲しかった。

Freecivを教材にしたことはこの時だけだったのかな?とか、AIの性能はどうだったのか?トーナメント結果は?などを知りたいですね。しかし15年以上も前のことですからね…もう記録が残っていないでしょうね。
  1. 2015/11/06(金) 18:44:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<癌の治療の画像 | ホーム | 小屋の効果>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://freeciv.blog.fc2.com/tb.php/146-2b02e450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【 このブログの目次 】

プロフィール

指導者

Author:指導者
これはあなたです。このユニットを失うと、ゲームは負けになります。大切にしてね。

つぶやき

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。