朝までFreeciv!

【スポンサー広告】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【内政】 交易路をつなげよう!

Freecivで国家を発展させるには、
  1. 戦争を行って土地(都市)を増やす
  2. 科学研究を進めて近代化し、都市出力を高める
  3. 交易路を結んで都市出力を高める
の方法がある。大抵の場合、これらの方法の中からその時点でどれをどのぐらいの比率で進めればよいのか、バランスを考えながら国家を発展させるだろう。

今回はこれらのうち、キャラバンを使った交易路について述べる。

人口増加に対するには二つの道しかなかった。
過剰な数百万人を移住させるために新しい土地を手に入れて
自給の原則で国民を養っていくか、それとも外国の需要に応じて
商工業を興し、貿易によって生活をまかなっていくかであった。
この二つの道はあらゆる角度から検討され、ついに後者の採用が決定的になった。
しかし、より健全な道はもちろん前者であったろう。


アドルフ・ヒトラー『わが闘争』より


units-caravan.png
ゲームをやり始めて最初の頃は、キャラバンの使い方や有効性についてよく理解できないのではないだろか。
実は、キャラバンを使って交易路を結ぶと国家が急速に進歩し、チート難易度のAIでもあっても科学を追い越すことができるのだ。


キャラバンを他の都市に運ぶことによって得られる特典には二種類がある。
  1. キャラバンの到着ボーナス
  2. 交易路の設置による交易収入

前者はキャラバンが到着した時に貰える一時的な利益で、後者は継続して入手できる利益である。



キャラバンの到着ボーナス

キャラバンを別の都市に移動させると、出発都市と到着都市が初めてのルートの場合は新規交易路が開拓される。
そしてキャラバンが到着したことにより、金と研究のボーナスが入手できる。

キャラバンが到着
trade-route1.jpg

このキャラバン到着ボーナスは、出発地点の都市の交易ポイントと到着地点の都市の交易ポイントと、両都市間の距離の大きさに応じて増大する。
詳しい計算式については後述の計算式を参照のこと。

ゲームをやり始めてまだ間が無い場合、キャラバンの製造コスト50に比べて入手できるキャラバンの到着ボーナスが少ないため、わざわざ軽くないコストをかけてまでキャラバンを製造しようとは思わないだろう。
しかしだまされたと思って、根気よくキャラバンを出して交易路を結び続けてみよう。1回キャラバンが到着すれば金が手に入り、次のキャラバンを購入して出しやすくなる。
また、次に述べる交易路収入により徐々に国家の経済力がついてきて財布に余裕が出てくるようになる。



交易路の設置による交易収入

キャラバンで交易路を開拓すると、出発地点および到着地点の両方の都市の交易に交易路の収入がプラスされる。
この交易路の収入は、交易路が切断されるまでずっと継続して毎ターン手に入る。

都市の交易路収入
trade-route4.png

交易路の収入は、それぞれの都市が別大陸に存在したり、別国家であったり、都市のサイズが大きかったり、距離が遠いと増加する。
詳しい計算式については後述の計算式を参照のこと。

交易路収入は都市のサイズも関係するので、祝典ブーストを行って都市規模を上げた後になるとさらに交易収入が増える。
毎ターンの交易が加算されていることを考えると、長期的に交易路を使用した方がとても良い。
よって、キャラバン製造コスト50が重かったとしても、できる限り早くキャラバンを製造して交易路を結びたいのだ。



実際の効果

キャラバンを出して交易路を結ぶと、実際にどのような効果があるのかをこれから確認する。
次のような手順を踏んで発展させたゲームで見てみよう。

  1. 本土に4都市、海外に3都市を建設する
  2. 君主主義を採用
  3. 交易の技術をとり、キャラバンの製造を開始
    • 研究税率はずっと60%固定
    • 交易開始前は都市サイズ2-3付近
    • 交易開始後には都市サイズ4付近まで単調増加していた
  4. (グラフは民主主義への体制変更革命の直前まである)


BNP変化のグラフ
trade-route-graph.png

君主制への変更で一旦BNPが伸びたが、その後は伸び悩む。
そして交易路を開拓している期間中に、BNPおよび研究速度の両方が急激に伸びていることがわかる。
交易を開始する80ターン付近と交易終了後の120ターン付近とを比較してみると、数値に4-5倍もの違いがある。人口が1.5倍程度の伸びであることと併せて考えても、明らかにキャラバン交易路により急成長した様子がみてとれる。


次に、祝典ブーストの前後での交易路の都市の様子について比較観察してみよう。


これは、交易路を結び終わって民主主義祝典の準備をしている時の様子である。
都市サイズは4で、国内都市との交易路が2本、国外都市との交易路が2本ある。(すべて別大陸の都市)

交易路を結んだ後の様子
trade-route4.png

こちらは、同じ都市で民主主義・下水道祝典が終わった直後の様子である。
都市サイズは20で、国内の他の都市も祝典で人口が拡大した後である。

祝典後の様子
trade-route5.png


この2パターンについて、祝典ブーストにより市民活動が増加した市民交易収入と、交易路による交易収入とを、ドーナツのグラフで表示すると次のようになる。
内側のドーナツが祝典前の方である。

交易収入の割合グラフ図
trade-route-circle-graph.png

祝典前の都市では、都市の市民活動による交易収入が全体の1/3程度である。交易路のある/なしで、だいたい3倍程度の金収入や研究速度の違いが生じることになる。
ここでは都市のサイズを抑え気味にしているので3倍の違いになったが、普通に育てた都市でも市民交易と同じぐらいの交易収入が手に入る。戦争で(同じように発展している)都市の数を二倍に増やしたことと同効果である。

祝典後では、この都市では特に人口が増えた方なので、市民活動による交易収入の割合が祝典前と比べて増え、交易路による交易の割合が低下している。
しかしそれでも交易路による交易収入が約半分を占めている。


交易路による収入は都市の交易収入を増やすので、金銭収入や研究だけでなく、都市の贅沢も増やす効果がある。
交易路を結ばずに祝典ブーストする場合と、交易路を結んでから祝典ブーストをする場合とでは、必要な贅沢税率が10%以上も下げられるだろう。



交易路の引き直し

交易路は、一つの都市につき4本まで持つことができる。
4本以上の交易路を持とうとすると、交易路の中から一番実入りの少ない交易路が切断される。

また、A→B都市への交易路を、A→C都市への交易路に引き直すこともできる。
この場合、その交易路が新規交易路ならキャラバンの到着ボーナスが発生する。(非新規ならボーナスは1/3に減る)


units-transport.pngunits-freight.png

trade-route3.jpg

文明が進歩してより大量輸送が可能になった時代に入ったら、より遠くの条件の良い都市に新しい交易路を結びなおすと良いだろう。
都市の交易が増大しているため、祝典後のキャラバン到着ボーナスは祝典前と比べてとても大きくなっていて、キャラバン製造コスト50に対して得られるリターンが大きくなっているからだ。
また、大量輸送・大量生産(購入)が可能な時代であるために、1回の輸送で多くのキャラバンを一括輸送できるようになっている点も見逃せない。

trade-route2.jpg

民主化以降で、都市が何も生産しないまま科学研究を待っているターンにキャラバンを生産してキャラバン到着ボーナスを得ると効率が良い。
小型化や飛行術、ロケット工学などまで一気に研究が加速する。






交易の計算式

Freeciv wikiより転載。

A-B都市間の実距離:
いわゆるマンハッタン距離ではなく、A都市からB都市へ(航空)ユニットが最短距離を移動する際に必要なステップ数




交易路の収入

交易路の収入はver 2.2での場合の計算式。ver 2.1ではこれとは違い、2都市それぞれの基本交易値が関係する。
  • Ta
    • A都市の大きさ
  • Tb
    • B都市の大きさ
  • D
    • A-B都市間の実距離

交易路を結んだ二都市が別々の大陸に存在している場合はボーナスが二倍になる
交易路を結んだ二都市が同じ国の都市の場合はボーナスが半減する


交易路の収入
ケース交易路の収入
基本ボーナス値(D + Ta + Tb) / 8
A-B都市が別々の大陸[基本ボーナス値] * 2
A-B都市が同じ国[基本ボーナス値] / 2



キャラバンの到着ボーナス

新しい交易路を開通させた時に、キャラバンが到着して得られる現金と研究ポイント
  • Ta
    • A都市の交易ポイント
  • Tb
    • B都市の交易ポイント
  • D
    • A-B都市間の実距離

鉄道飛行術 の技術を取得すると到着ボーナスが減少する
キャラバン到着ボーナスが、すでに交易路を引いてある都市に参入する場合は 1/3 に減少する


キャラバンの到着ボーナス
新規の交易路市場に参入時
技術を未取得時{(D + 10) * (Ta + Tb)} / 8{(D + 10) * (Ta + Tb)} / 24
片方の技術を保有{(D + 10) * (Ta + Tb)} / 12{(D + 10) * (Ta + Tb)} / 36
両方の技術を保有{(D + 10) * (Ta + Tb)} / 18{(D + 10) * (Ta + Tb)} / 54







● ちょっとした小ネタ

生産力の高い都市で生産したキャラバンを、生産力の低い都市に移動させて「h」キーを押してその都市所属にすると、生産力の低い都市のキャラバンとして扱えるようになる。

船に乗せたキャラバンを、運びたい都市の真横まで持っていってテンキー(数字)で移動させると、一旦陸地に下船させずに直接ターゲット都市に放り込むことができる。

trade-route3.jpg


大雑把に言って、交易路は2都市間の距離が遠いほど実入りが良い。そして都市サイズが大きいほど良い。
一方、「同じ大陸にある自分の都市に交易路を引く」といったような場合は、得られる実入りが少ない。そういった場合はキャラバンを製造するために投資したコスト50に見合わないリターンになるかもしれない。
できる限り、別大陸、別国家に交易路を引くようしよう。
  1. 2013/02/09(土) 00:34:08|
  2. 内政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2012/02/09 定期鯖 フィンランドはみんなのアイドル☆ | ホーム | 祝典ブーストの方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://freeciv.blog.fc2.com/tb.php/55-0b66d9de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【 このブログの目次 】

プロフィール

指導者

Author:指導者
これはあなたです。このユニットを失うと、ゲームは負けになります。大切にしてね。

つぶやき

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。