朝までFreeciv!

【スポンサー広告】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【内政】 税率(金、贅沢、科学)について

今回はFreecivの基本的なシステムについての記事にします。

Freecivにおける税率の仕組みについて。
tax-00.png


税率は、ゲーム中メニューの 文明→税率 で変更します。
もしくは税率表示グラフィックをクリックでも変更できます。

tax-01.png

スライダーを動かすことで贅沢、研究、税金の三種類の割り当てを調整できます。
三種類の割り当てのうち任意の一種類への割り当て最大量は政治体制により制限されています。
例えば君主制では研究を70%以上に設定することはできませんが、民主主義では研究を100%にすることができます。

政治体制と税率最大値
政治体制最大量
無政府状態(設定不可能)
専制政治60%
君主制70%
共和制80%
共産主義80%
民主主義100%



以下、民主主義体制の税金30%、科学40%、贅沢30%の場合で解説。


それでは実際に、国家の収入がどのように割り振られているのか説明します。
ここの都市を例に考えてみます。
tax-02.png

この都市では金24、贅沢24、科学67を得ています。
tax-03.png

この、金24、贅沢24、科学67を得るまでの流れを順に追っていきましょう。



都市の周辺タイルで市民が働いて得られた都市の交易ポイントの総計は39です。(海洋タイル8*3、道路平地タイル6*2、首都の平地道路川タイル1*3)
tax-02-city.png
そして交易収入には、交易路が存在しない状態となっています。キャラバンで交易路を開拓してあればここの交易に追加されます。
都市の交易収入は、これら「市民が都市で得た交易ポイント合計」と「交易路の交易収入」の合計となります。
その次に、都市に汚職が発生していれば汚職により交易収入が減らされます。今回の例では政治体制が民主主義であるために汚職が0になっています。

交易収入合計
 = [都市労働者の交易ポイント合計] + [交易路収入] - [汚職による損失]


交易路なし、汚職なしの状態
tax-04.png

そしてこの交易収入の合計39を、設定した税率に応じて金、贅沢、科学の三種類に割り振ります。(今回の設定は金30%、贅沢30%、研究40%)
計算結果が小数点以下を含む場合でも、金の基本値贅沢の基本値研究の基本値の合計が39になるように調整されます。(交易の合計値と等しい)

交易の税率による分配
種類税率計算式基本値
30% 39*30% = 11.7 12
贅沢30% 39*30% = 11.7 12
研究40% 39*40% = 15.6 15


都市にさまざまな建造物を建てると、基本値に応じて当該出力がブーストされます。
例えば図書館を建てれば、研究の基本値に100%を掛け算した分だけ研究が加算されます。市場を建てれば金の基本値に50%を掛け算した分だけ金が追加で得られ、贅沢の基本値に50%を掛け算した分だけ贅沢が追加で得られます。

今回の都市に建っている建造物は市場、銀行、図書館、大学、そして不思議であるコペルニクス天文台です。(兵舎などは今回の話題に無関係なので無視している)




金の基本値は12。

tax-05.png

市民が+0となっているところは、都市の市民を都市の労働タイルではなく徴税人として働かせれば変化します。(徴税人は「都市生産物」の鋳貨とは別であり無関係)

都市の金収入の内訳
名目計算式
市民+0
交易からの徴収+1212 (=金の基本値)
市場+銀行+金+612*50%
市場+金+612*50%
消費-13(都市建造物の
維持費の合計)


こうして得られた金は、国土に存在するそれぞれの都市の金収入が合計されて次のターンの国家予算に追加されます。


贅沢

贅沢の基本値は12。

tax-06.png

市民が+0となっているところは、都市の市民を都市の労働タイルではなく芸人として働かせれば変化します。

都市の贅沢収入の内訳
名目計算式
市民+0
交易からの徴収+1212 (=贅沢の基本値)
市場+銀行+贅沢+612*50%
市場+贅沢+612*50%


こうして得られた贅沢は、その都市の幸福を満たすために使われます。すなわち、その都市の幸福な市民が増えることで、不幸な市民を相殺(満足)したり、都市が歓喜しやすくなります。


科学

科学の基本値は15。

tax-07.png

市民が+0となっているところは、都市の市民を都市の労働タイルではなく科学者として働かせれば変化します。

都市の科学収入の内訳
名目計算式
市民+0
交易からの徴収+1515 (=科学の基本値)
図書館+科学+1515*100%
図書館+大学+科学+2215*150%
コペルニクス+科学+1515*100%


こうして得られた科学は、国土に存在するそれぞれの都市の科学が合計されて次のターンの研究進歩に使われます。



まとめ
  1. 都市の交易合計とは、都市の労働タイルから得られる交易ポイント合計と、交易路収入と、汚職による減算の合計のことである。
  2. その都市の交易収入の合計を税率に応じて金、贅沢、科学に分配してそれぞれの基本値を決める。
  3. その基本値を、都市に建てられている建造物がブーストして値を加算する。
  4. (税率は国家全土の都市に対して一律に適応されるにもかかわらず)金と科学は国家全体の収入として手に入るが、贅沢だけはその都市だけに都市の幸福として影響を与える。


freeciv-tax.png




研究を早く進めたい場合や、金収入を多く得たい場合には税率スライダーを調整しますが、そもそもとして都市が得られる交易収入を増やせば無理な税率をかけなくてもこれらの収入が増えます。
都市の交易を増やすには都市のサイズを増やして都市周辺の労働タイルを多く確保するか、キャラバンを出して都市間の交易路を多く結ぶか、の方法を採ることができます。政治体制によっては汚職を減らすことも効果的です。
また、金収入を増やしたいから市場や銀行などを建てることは方法として正しいですが、より効果的に都市建造物を利用するなら、大元である都市の交易収入自体を増やしておかなければ都市建造物の効果が薄いとも言えます。
  • キャラバン交易路を開拓した後に市場を建てる
  • 祝典ブーストで人口を増やした後に市場を建てる
いずれも順番をよく考えて行いましょう。祝典ブーストには都市の歓喜のもととなる幸福な市民が必要であり、それには贅沢を増幅する市場などが必要な場合があるので、そのときの状況によって最善手の順番は変化するものです。





関係する都市建造物


市場、銀行、証券取引所は金と贅沢の両方をブーストする効果を持つ。
銀行だけ建ててあっても、市場が建てていなければ銀行は効果を発揮しない。両方を建てていないとブースト効果を得られないのだ。証券取引所や研究所も同様のセットルールを持つ。

関係する都市建造物の一覧
建造物名効果
市場金&贅沢+50%
銀行金&贅沢+50% (市場とセットで+100%)
証券取引所金&贅沢+50% (市場&銀行とセットで+150%)
図書館科学+100%
大学科学+150% (図書館とセットで+250%)
研究所科学+200% (図書館&大学とセットで+450%)
(不)コペルニクスの天文台建設した都市の科学+100%
(不)ニュートンの学士院大学のあるすべての都市の科学+100%
(不)SETI計画研究所のあるすべての都市の科学+100%


主に交易収入自体を増やすことに関連する建造物の一覧。

間接的に関与する建造物の一覧
建造物名効果
裁判所都市の汚職を50%減らす (他の効果の説明は省略)
高速幹線道路道路か鉄道のあるタイルの交易ポイント出力を50%増やす
(不)ロードス島の巨像交易ポイント1以上のタイルからさらに交易ポイント+1を得る


(不)は世界の不思議建造物
  1. 2012/11/07(水) 21:46:20|
  2. 内政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ユニットの錬度を追加 | ホーム | 2012/11/03 土曜夜定期鯖>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://freeciv.blog.fc2.com/tb.php/6-7248fc4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【 このブログの目次 】

プロフィール

指導者

Author:指導者
これはあなたです。このユニットを失うと、ゲームは負けになります。大切にしてね。

つぶやき

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。