朝までFreeciv!

【スポンサー広告】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ユニット/戦闘】 ユニットの攻め時 ~近世・近代編~

ルネッサンス以降~近世近代編

政治体制としては民主主義や共産主義を採択できる時代で、資金により軍ユニットを購入して素早い物量作戦を展開できるようになる時期である。鉄道や工場など工業化の幕開けによって都市の生産力が上昇することも戦争に影響を与える。
軍ユニットにおいては、本格的な海軍ユニットが登場し、戦争力の一翼を担う。

またこの時代に特徴的なこととして、エンジニアの登場によりさらに多くの地形へと改造できることである。
エンジニアを用いて都市の地形タイルを丘にすることにより、都市の防御力を高めることができる。これは戦闘勝率に直結する。

参考: 主要ユニットの勝率


※注意
次のように省略して表記する。
  A_HP = 攻撃側の体力の残量の期待値
  D_HP = 防御側の体力の残量の期待値



  • 近世・近代編のユニット一覧
    • フリゲート艦 (新兵)
    • 装甲艦 (新兵)
    • 巡洋艦 (ベテラン)
    • カノン砲
    • 大砲
    • 海兵隊



フリゲート艦 (新兵)
units-frigate.png

磁気学で作ることができるようになる攻撃艦。
攻撃力4の防御力2、体力20とキャラベル船とは雲泥の差の強さを持つ。
実際に運用する時には新兵で製造であろうから、ここではすべて新兵フリゲート艦での戦闘結果を書く。

対・ファランクス(弓兵)

平地の都市(防御効果は都市駐留のみの150%)に対して新兵フリゲート艦が攻撃を行うと、勝率93%のA_HPが8.9である。
結果を見ても分かるとおり、非常に攻撃側が有利である。

丘都市ファランクスに対しては、勝率が39%でD_HPが2.0である。山都市ファランクスの場合は勝率10%のD_HPが4.2なので、フリゲート艦二隻あれば撃破できる計算になる。山都市でさえフリゲート艦の前では無力なのだ。

フリゲート艦を出された時点で大変不利になる。


対・マスケット兵

平地の都市(防御効果150%)に対して新兵フリゲート艦が攻撃を行うと、勝率5.3%の相手の残体力期待値が8.1である。
だいたい、フリゲート艦が二隻につきマスケット一体を撃破できる計算になる。
この結果ならばフリゲート艦を戦争に投入しても良さそうだが・・・しかし実際には火薬で取得できる沿岸防衛も建てられるので、沿岸防衛を建てた場合の結果を次に書く。

対・マスケット兵 (沿岸防衛あり)

マスケット兵が守る平地の沿岸防衛あり都市をフリゲート艦が攻撃すると、勝率0.011%のD_HPが14である。
マスケット一体に対してフリゲート艦が4-5隻ぐらい必要となる計算。
このぐらいの勝率だと、攻撃側が不利である。森や丘都市ならば、さらに困難になる。


フリゲート艦は、火薬発明以前の時代ならば圧倒的な強さを誇る。ただし火薬の時代に入ると力不足になる。

火薬以前の時代では圧勝するが・・・残念なことに、火薬研究が完成するルートの合計研究ポイントと、磁気学が完成するルートの研究ポイントとを比較すると、火薬ルートの方がポイントが軽いのである。 →参照:火薬vs磁気の開発競争
そのため、敵国に対して研究速度が上回っていることが明らかではない限り、磁気学を取得してフリゲートラッシュを行うことはリスクが高い。

なお、フリゲート艦は次の装甲艦にアップグレードが可能なので、時代遅れになったからといって在庫処分しなくても良い。

  • 火薬以前の時代のユニットに対して圧勝できる
  • 火薬以降は攻撃力不足になる
    • マスケット兵だけならごり押しでいけないこともないが、沿岸防衛があると費用対効果が凶悪に
    • 時代遅れになったら、残しておいて装甲艦へアップグレード
  • 磁気学より火薬の方が開発にかかる合計研究ポイントが軽い
    • 科学で先行している場合の戦法になる
    • 先手を取れた場合は実りが大きいが、失敗した場合は無駄が多い




装甲艦 (駆逐艦) (新兵)
units-ironclad.png

装甲艦は攻撃力4の防御力4の体力30と、フリゲート艦とは防御力と体力が増えている。
装甲艦を作ることができるようになる蒸気機関は、フリゲート艦の磁気学と比べて研究に必要なポイントがだいたい1.5倍程度多い。よって装甲艦を投入できる時期が遅れることが問題になる。また建造コストが50→60に増える影響も購入価格の高騰に響いてくる。
例えば都市生産物の残シールドが49の場合のユニットの購入価格は金218で、残シールドが59の場合のユニットの購入価格は292である。

装甲艦と駆逐艦との違いは、視界と移動力だけである。しかし電気学を取る頃には相手は徴兵制(ライフル兵)を持っているし、巡洋艦も作れる時期に入るから・・・ここのテーマの回で使うのは装甲艦を想定する。

対・ファランクス(弓兵)

平地の都市内ファランクスに対して勝率が99%でA_HPが18.7である。
連戦して攻撃できるほどのA_HPが存在している。もはや一方的な虐殺レベルの差。

対・マスケット兵

平地都市に対して、勝率が35%のA_HP2.19とD_HP3.38である。
装甲艦が二隻でマスケット兵一体を確実に倒せる強さであり、攻撃側が有利となる。
マスケット兵防衛なら火薬をもっているので、次の沿岸防衛込みで考えるべきであろう。

沿岸防衛平地都市に対しては、勝率0.4%のD_HP11.0である。
装甲艦が三隻でマスケット兵一体を倒す計算であろうか。十分攻撃が可能な範囲内であるが、安い攻撃方法とも高い攻撃方法とも言えない。よって、装甲艦ラッシュが自分に必要かどうかで考えるべきであろう。
参考までに・・・森沿岸防衛都市に対しては勝率0.005%のD_HP14、丘沿岸防衛都市に対しては勝率0%のD_HP15.2である。

対・ライフル兵

平地都市に対して、勝率8.7%のD_HPが6.8である。
沿岸防衛平地都市に対して、勝率0.018%のD_HPが13.3である。
この時期まで至ると沿岸防衛を建てているであろうから、そう考えると・・・装甲艦でライフル兵を攻めることは効率が悪い。平地以上の地形効果があればなおさら効率が悪化する。


蒸気機関を取って攻める頃、プレイヤーは民主化・祝典を終えていることが多い。
民主化祝典を終えた後の国家はとても多い経済力を持ち、その経済力を背景にユニットを購入して生産することができる。
短期間で大量のユニットを増やし、大量のユニットを一括運用するために移動が容易な海上ユニットが相性が良く、適していることもあって、この時代は装甲艦を主戦力にすることが多い。沿岸防衛都市に対して費用対効果が優れた攻撃方法ではないのに装甲艦が用いられることが多い理由は、ここにある。

ちなみに小技の範疇になるが、海上ユニットをベテラン状態で作成できる不思議のファロス灯台は磁気学で陳腐化するが、蒸気機関の研究ルートは磁気学とは別ルートであることを利用して、ファロス灯台でベテラン装甲艦を作るという技が存在する。当然、誰かが磁気学を取得したらベテラン作成はそこで終わりになる。
このベテラン装甲艦は、平地都市のマスケット兵に対して勝率85%のA_HP8.2となる。沿岸防衛都市ならば勝率9.1%のD_HP6.7だ。
ファロス灯台の建造コストは200で、装甲艦の建造コストは一隻につき60。ファロス灯台への投資が回収できるかどうかはそのときの状況に大きく左右されると思われる。

防衛する側が対装甲艦の戦いについて考えた時、マスケット兵だけでは防衛力不足となる。ちゃんと守る気があるならば沿岸防衛も建てる必要がある。
これはつまり、防衛側もマスケット兵のアップグレードや沿岸防衛の建設コストを支払う必要が出てくるということである。ゆえに装甲艦を出した場合には、それ相応の出費を防衛側に強いるという見方をすることもできる。

  • 火薬以前のユニットに対しては虐殺レベルの圧勝となる
  • マスケット兵一体に対して装甲艦二隻で撃破する計算
    • 沿岸防衛があれば三隻で計算
    • 地形効果がプラスされている場合は、装甲艦側の損失が増大するので避けたい
  • 蒸気機関は科学ポイントが多く必要で、装甲艦は値段が高いので本格運用は民主祝典後になる
    • 勝率がそれほど高くなくても装甲艦は大量運用しやすいので、数の暴力で力任せに攻めることが可能
  • 装甲艦を出すことで相手側にマスケット兵の用意と沿岸防衛の建造を強いることが可能
    • 用意ができていない後進国には装甲艦ラッシュを行うべき
  • 状況を選ぶが、ファロス灯台でベテラン装甲艦を作る手が存在する



巡洋艦 (ベテラン)
units-cruiser.png

攻撃力6の防御力6の体力30、建造可能になる研究は鋼鉄である。
強いといえばそれなりに強いのだが、作成コスト80は大砲と見比べると多くて尻込みをする。港湾施設も含めるとさらにコストがかかる。
ベテラン作成するには上陸戦で作れるようになる港湾施設を用いる。ベテランユニットは新兵生産の時と比べて1.5倍の強さを持つことが強み。そこまで時代が進むと相手は高山部隊だったり丘都市になるが。
なお、巡洋艦は火力2のユニットであるが、陸上部隊を攻撃する際は火力が1に下方修正されることに注意。

時期的に巡洋艦はすべて沿岸防衛が建造済みの都市への攻撃を想定する。

対・マスケット兵

平地沿岸防衛都市には勝率51%のA_HPが3.5のD_HPが2.2である。攻撃側が有利。だいたい1.5倍のユニット数が必要。
沿岸防衛都市には勝率1.15%のD_HPが9.94である。攻撃側は2.5倍程度のユニット数が必要になる計算。

対・ライフル兵

平地沿岸防衛都市には勝率16%のD_HPが5.4である。攻撃側は二倍ちょっとのユニット数が必要になる。
沿岸防衛都市には勝率0.068%のD_HPが12.5である。攻撃側は四倍近くのユニット数が必要になる。

対・高山部隊

平地沿岸防衛都市には勝率4.5%のD_HPが8.0である。攻撃側は二倍ちょっとのユニット数が必要になる。
沿岸防衛都市には勝率0%のD_HPが13.9である。攻撃側は4-5倍のユニット数が必要になる。


巡洋艦はコスト80のユニットである。
上記のとおり、勝率に関してはそこそこのモノを持っているのだが、ベテランで作成するには港湾施設が必要であることや、もっと安いコストの攻撃手段が他にあったり、港湾施設が建てられる時代はそろそろ航空ユニットを使える時代が見えてくることなど、巡洋艦を使うべきなのか考え直したい要素がいくつも存在する。
どちらかといえば巡洋艦の使いどころは海上での対・船舶戦や、海上での戦闘機防衛である。(ベテラン戦闘機vsベテラン巡洋艦は、戦闘機の勝率2.1%で巡洋艦のD_HPが16.7)

  • 巡洋艦アタックが実用的な勝率を持つのはライフル兵あたりが分岐点
  • ベテランレベルの巡洋艦を作成するには前提条件を満たす必要がある
    • 強さとコストを見比べると見合わないことが多い
    • 対・陸戦で使うより対・海戦や対空軍に



カノン砲
units-cannon.png

攻撃力8の体力20でコストは40だ。
カタパルトでは歯が立たない相手でも、攻撃力と体力が増えているので十分通用するようになる。
順番的にマスケット兵を相手にするのかと思いきや、科学研究は徴兵制が近いのでライフル兵を相手にすることがよくある。

対・マスケット兵

平地城壁都市の勝率は5.3%で、D_HPは8.1である。だいたい二倍のユニットを用意すればよい。
城壁都市の勝率は0%で、D_HPは14.0である。だいたい4倍以上のユニット数が必要になる。
このぐらいであればカノン砲を攻撃に用いても通用するであろう。


対・ライフル兵

平地城壁都市の勝率は0.5%で、D_HPが11.1である。三倍程度のユニット数が必要になる。
城壁都市の勝率は0%で、H_HPが15.5である。5-6倍程度のユニット数が必要になる。
ライフル兵が守る丘城壁の場合は、カノン砲では荷が重い勝率になる。


いずれも城壁がある都市を想定したが、城壁のない都市の場合は明らかにカノン砲の方が有利である。
仮に守っているのが高山部隊であっても、城壁なし都市の場合のカノン砲は勝率が2.5%のD_HPが9.3である。よって2.5倍ぐらいの数で落ちることになる。

カノン砲が十分通用する時代はマスケット兵相手か、ライフル兵が居ても丘化が終わっていない都市であろう。
逆に言えば、時間が経過してしまう前にまでに使うべきユニットである。幸い作成コストはカタパルトと同じ40と軽いので大量生産することができる。
優位性を持って活躍できる時代が若干短い、不憫な子。
カタパルトを残しておいてアップグレードすればすぐに多くのカノン砲を投入できるので、民主化後のシールドに余裕があるようなら一考の余地がある。

  • 城壁のない都市はすべてカモ (高山部隊が守っていても)
  • 城壁ありマスケット兵には通用する
  • 城壁あり平地都市のライフル兵には通用する
  • 作成コストは安いので、すぐ大量に作ってすぐに使うこと
    • 丘化済み都市や高山部隊相手には費用対効果が見合わなくなってくるため
    • カタパルトからのアップグレードですぐカノン砲を投入する方法もある



大砲
units-artillery.png

攻撃力10の体力20の火力2でコストは50だ。
カノン砲と比べて攻撃力が2しか上昇していないが、火力が2になったことにより数値以上に強力な攻撃力を持つ。コストも安い。欠点は、空中を飛行中の相手にはまったくの無力であるという点ぐらいだろか。

対・マスケット兵

平地城壁都市の場合は、勝率86%でA_HPが7.056のD_HPが0.681である。
城壁都市の場合は、勝率が24%でA_HPが1.188のD_HPが5.961である。
平地城壁都市の場合は攻撃側が有利であり、城壁都市の場合は二倍ちょっとの数で落ちるであろう。

対・ライフル兵

平地城壁都市の場合は、勝率62%でA_HPが3.998のD_HPが2.22である。
城壁都市の場合は、勝率が7.99%でA_HPが0.334のD_HPが9.074である。
平地城壁都市の場合は攻撃側が有利であり、城壁都市の場合は2.5倍を超えるぐらいの数で落ちるであろう。

対・高山部隊

平地城壁都市の場合は、勝率40%でD_HPが2.2である。
城壁都市の場合は、勝率が2.79%でD_HPが11.11である。
城壁都市の場合は攻撃側が3倍は数が必要になる。


いずれの場合も、ターゲットが平地都市の場合は(城壁があったとしても)攻撃側である大砲がとても有利である。
よって、丘化されていない都市はどんどん大砲で落とすべきである。
この時代の防衛の主力である高山部隊に対しても十分な威力を持ち、コストの安さも相まって相当強い。鉄道と併用して大量に・機動的に運用しよう。

ただ惜しいことは、大砲が作れるようになるぐらい時間が進むと、すぐに次の世代のユニット・・・空軍が登場することである。
(都市などに駐留している場合を除いて)大砲などの陸軍ユニットは飛行中のユニットには攻撃ができないので、飛行術を持たない相手に戦闘機でブロックが行われる対人戦において無力である点に気をつけなければならない。
また、大砲を効率よく運用するために鉄道網の整備を心がけたい。

  • 城壁があっても、丘化されていない平地都市はすべてターゲットにすべき
  • 丘城壁都市を攻略する場合は、だいたい三倍程度の数を集めて攻撃する
  • 大砲はコストに対して明らかに強い性能を持つが、対人戦では陸軍ユニットゆえの制約に留意する (対海軍・対空軍ユニット)
  • 鉄道をつなげて、大砲を大量に・機動的に運用しよう



海兵隊
units-marines.png

攻撃力8の防御力5で体力が20、コストは60。
最大の特徴は船上から直接攻撃が可能な点である。
また、攻撃力8体力20はカノン砲と同性能の攻撃力を持つことに留意する。敵の後ろに回りこみ、海上から城壁の無い都市を直接攻撃して落とす使い方に適している。

対・マスケット兵

城壁なし平地都市への勝率は96%でA_HPが8.894のD_HPが0.11である。

対・ライフル兵

城壁なし平地都市への勝率は81%でA_HPが5.535のD_HPが0.714である。

対・高山部隊

城壁なし平地都市への勝率は58%でA_HPが3.148のD_HPが1.944である。
平地城壁都市への勝率は0.076%で、D_HPは12.85である。4倍以上のユニット数が必要になる。

カノン砲と同性能であるため、城壁都市を攻撃する海兵隊の勝率はカノン砲を参照のこと。


未だに丘化していない・城壁を作っていない沿岸都市を奇襲攻撃するために使う。ちゃんと防衛を整えている相手には損害が大きいが、防衛準備が後回しになっている都市は楽に落とせる。
ま高山部隊と同性能の防御能力であるため、落としてそのまま都市防衛するのに向いている。ただし作成コストは若干高いので注意。(高山部隊→50、海兵隊→60)
城壁と高山部隊を完備されると、海兵隊での攻撃は辛くなってくる。対策をとられてしまったら海兵隊アタックの方針は変えよう。

  • 海上から直接都市を攻撃できることが最大の強み
    • 簡単な操作で攻撃・占領を行える手軽さが対人戦で好まれる
    • 視界2のユニット(輸送艦など)を使って、事前に敵の沿岸都市をよく観察しておく
  • 城壁を作っていない都市、丘化が終わっていない都市を見つけてターゲットにする





近世・近代編まとめ

  • フリゲート艦は相手が火薬を持つ前に。火薬前なら圧勝なので生産してすぐ攻撃する。
  • 装甲艦は相手が沿岸防衛&ライフル兵を揃える前に素早く投入する。
    • 平地以上の都市を無理攻めすると時間がかかるので作戦をよく考えること。
  • ベテラン巡洋艦は強さとコストと登場時期など総合的に考えると微妙感が…?
  • カノン砲はマスケット用、もしくは丘化されていない都市攻略用。高山部隊へはコスパが悪化。
  • 大砲は強いし、安い。どんどん投入しよう。
    • 陸軍ユニットであるゆえの特性・制約に注意する。
  • 海兵隊は、まだ城壁を建てていない群島の都市攻略にどうぞ。
  • この時代の後半でも丘化がまだの都市は攻撃側が有利になる。


この時代でよく用いられるユニットは装甲艦と大砲だろう。
装甲艦のほうは民族を滅亡させられるポテンシャルを持っているが、丘化・高山部隊まで時期が進むと費用対効果が凶悪になってくるので、そうなる前に攻撃を行いたい。とはいっても活躍できる期間は十分にある。

防衛側視点に立ってみれば、同時期のユニットに対して十分な防御を見込むためには防衛施設の建造+都市の丘化が必要条件になってくるため、なるべく早く防衛力の増強に努めるようにする。
  1. 2013/05/11(土) 20:21:52|
  2. ユニット/戦闘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チートAIをさらに強化 | ホーム | ユニットの攻め時 ~まとめ一覧~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://freeciv.blog.fc2.com/tb.php/68-65b8dd8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【 このブログの目次 】

プロフィール

指導者

Author:指導者
これはあなたです。このユニットを失うと、ゲームは負けになります。大切にしてね。

つぶやき

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。